誰もいない部屋に
届くあの日
一片のスノウドロップ

古いフィルムの影
窓を映す
一皿のスウプ温もり

あの面影が
ただ心過ぎてく
過ぎてく

午後の雪のように
遠いあの日
一粒のスノウドロップ

長い二月の影
窓を包む
一筋の陽射し温もり

あの面影が
ただ心過ぎてく
過ぎてく